風俗店によって仕事内容は違う?

風俗店のサービス内容を比べてみよう

初めてでも働きやすい風俗とは

風俗店の種類がどのくらいあるか知っているでしょうか。
ニーズによる細分化が進み、その数は10種類以上にもなります。

風俗店で働く事自体は、風営法によって認可されています。
細分化された仕事内容であっても、どれも同様に職業として認められているのです。

ただ注意しておきたいのは、売春が行われた場合には売春禁止法により摘発されることになります。
働き始めた店が違法な行為を黙認しているような場合はすぐに辞めたほうがいいでしょう。

年齢に関しても18歳未満は風俗店での勤務を認められていません。
法的には児童ポルノ禁止法という法律により罰せられることになります。

風営法は届け出が義務化されています。
一般的な風俗店のみでなく、店舗を持たずに経営しているデリバリーヘルスや関連した商品などを販売している店舗にも適用されます。
店舗側はこの風営法の規則を守った営業を認められています。
なかには届け出なしで違法に営業をしている店もあり、また届け出をしていても規則を守らずに摘発される店もあります。

働く風俗店を探す場合は、店側が法律を守った経営をしているかが大きなポイントとなります。
健全な営業をしている店であれば、結果的に働く側も守られる事になります。
お客さんとのトラブルなどにも店側がしっかり対応してくれるような店舗を選びましょう。

風俗店を利用する場合にも、風営法に則した営業をしていて、なおかつ料金体系が明快な店を選ぶと安心です。
不要な金銭トラブルなどを避けるためにも、サービス内容と料金を確認してから利用しましょう。

風俗店の種類

風俗店のなかでもサービス内容がソフトな店を称してソフトサービスといいます。 身体に触られる事がない前提なので、風俗店に興味がある人にとっては無理なく働きやすいといえます。 どのような内容のサービスなのか、キャバクラとの違いも含めてみていきましょう。

来店せずに利用できる風俗

風俗店に訪れるところを誰かに見られたら困る、来店の時間はないがホテルに来てもらえれば利用したいなど。 デリバリー型の風俗の需要は年々増えています。 どんな種類の風俗が出張型として利用できるのか、出張型の風俗ならではのメリットを見ていきましょう。

風俗店で働く時の注意点は

風俗店にはいくつかの種類があります。 働く店を探す時は、自分の出来る範囲のサービスを提供している店を知ることから始めましょう。 アルバイトとして働くのか、短期間でお金が必要だから働くのかでも選ぶ店舗が違ってきます。 安全に仕事をする上で、注意しておきたいポイントは何でしょうか。

Page
top