風俗店で働く時の注意点は

キャバクラか風俗か

まず大きな分け方として、性的サービスが含まれるものかどうかです。
キャバクラは性的サービスは含まれず、お酒を一緒に飲んだりという接待が主となります。

会話を楽しむという目的もあるので、コミュニケーション能力が必須です。
また接待という特色上、痒いところまで手が届くようなもてなし方が必要となります。

風俗店はサービス内容によって働くハードルが変わります。
ソープランドなどのサービスは体力的にも精神的にもハードです。
ただ給与面は格段に高いので、お金の必要があり、仕事だと割り切って働けるタイプであればがんばれるでしょう。

キャバクラのような接待が苦手なタイプであれば、ソフトサービスの風俗などを選ぶのもいいでしょう。
いずれにしてもどんな店なのか、従業員が満足して働いているかを確認することが大切です。

デリバリーヘルスで働くなら

利用のしやすさからニーズの高いデリバリーヘルス。
働く女の子は、勤務を秘密にしていることが多いかもしれません。
ホテルなどに出張する時に気になることは、誰かに見らたら困るということでしょう。

働くデルヘリ店を選ぶ時に大切なことは、アリバイ対策をしているかどうかということです。
店によっては、自宅付近や会社や学校近辺などへの出張は避けてくれるところもあります。
また、従業員の家族などからの電話に、一般の会社としてのアリバイを設定している店もあります。

仕事をする場合も、急なトラブルなどにはすぐに対応してくれて、従業員を守ってくれる店なら安心です。
ある意味密室での仕事となるので、安全の確保が出来る状態で働くことが理想です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top